茂原市の小児科です。乳児健診/育児相談/栄養相談/予防接種/小児科一般の診療。

三上小児科 千葉県茂原市小林2632-1 TEL 0475-22-7001
クリニック紹介
診療案内
三上小児科医院 医院外観

文字の大きさ
三上小児科医院のホームページへようこそ
当院は、小児科専門医としての小児医療の豊富な経験を通して、茂原市にてこども達の心と体のすこやかな発育を支援する小児科クリニックです。
病気を治すだけでなく、乳児健診,育児相談,栄養相談,予防接種などの
予防医療にも力を入れています。
院内にはトイレ付感染隔離室2室、点滴用個室3室。
待合室は、空気感染の防止目的にて24時間連続空気殺菌装置を用いて、少しでも皆様が安心してお待ち頂けるように努めております。
※診療日、診療時間のチェック及び確認にはホームページの診療案内をご利用下さい。

  

              #229 薬の保管期間の目安について

 

 食べ物には消費期限や賞味期限など色々な期限があります。消費者である私達の目安として役立っていますが、業者の人達に取っては頭痛の種ではないかと思います。食中毒などを防ぐ意味では大変に役立っていますが、フードロスが社会問題となっています。特に発酵食品などに関しては意味があるのかな?!と思うこともありますが、例外が多くなると、なしくずし的に色々な事が起こってくると思います。情報公開は大切であり、情報の判断は消費者自身がすべきことだと思っています。情報に偽りがあれば、法的に罰しなければ不正が世の中にまかり通って、人間不信につながってしまいます。

 

 以下に薬の保管期間の目安を書いて置きますので、参考にして下さい。

①粉 3ヶ月 ②シロップ 処方日数 ③坐薬 6ヶ月 ④チューブの軟膏 使用期限まで。開けて時間が経過している場合には、先端の軟膏を捨てて使う ⑤ツボに入れてある軟膏 1ヶ月 ⑥点眼液 開封したものは1ヶ月 ⑦点鼻薬 開封したものは2ヶ月。

 これらは厳しい原則なので、ある程度柔軟に対応して下さい。 注意点としては、シロップなどの水系はなるべく規則を守るようにする。私がよくする例え話ですが、カルピスの原液は長期保存が可能ですが、カルピスの原液に水を入れて溶いたものを冷蔵庫に入れて保管して、「1ヶ月後に飲む気になりますか?!」ということです。シロップを希望される場合には、シロップを飲む量を調整するために、滅菌水を入れるのでカルピスの原液ではなくなるということをご理解ください。1ヶ月分処方される便秘などのシロップは、滅菌水を入れないカルピスの原液のようなものなので、安心して服用してください。薬をある程度の期間保存して使いたい方は、粉薬を希望し、飲む直前に水や市販の甘いシロップなどに溶いて使用されるのが良いと思います。シロップ以外のものは、保管期間に必要以上に神経質になり過ぎることはありませんが、『日にちが経つごとに気の抜けたビールになる!』 つまり 『薬は日にちが経つごとに薬効が落ちてゆく!』 運命にあるということです。

 保存期間が過ぎた解熱剤を捨てたら、その日に熱が出たという笑えない話もありますので、新しいものに差し替えてから捨てるようにして下さい。

 完全に気の抜けてしまったらダメですが、気の抜けたビールのような薬でも、少しは役に立つこともあります。

                                    2024.2.01

 




診療案内  クリニック紹介


三上小児科医院
千葉県茂原市小林2632-1  TEL.0475-22-7001 FAX.0475-22-7002

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます © SetUp Inc病院検索